お知らせ

方針の一部改訂についての議論が行われています。(→リンク

このWikiは、Freemedia群のグローバルアカウントやグローバルアカウント権限に未対応です。
もしも権限の更新がなされていない場合は、Imoyokan-scratchまでお願いします。
2024年4月25日

アニメーションの殿堂事件

提供:Scratch非公式Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アニメーションの殿堂事件(英:Animation Hall of Fame Incident)は、かつて存在したスタジオの名称に関する事件である。

2014年3月、Scratchチームはアニメーションの殿堂の名称変更を求められた。これは、商標法に基づくものでアニメーションの殿堂(Animation Hall of Fame)博物館からのものであった。最初はScratchチームもこの提案に反対したが、法的な争いを避けるために名称変更を行った[1]。スタジオの名称は現在、「Scratch Hall of Fame - Animation」となっている[2]

経緯[編集 | ソースを編集]

「Animation Hall of Fame」というキーワードでのGoogle検索では、博物館のウェブサイトが1位に表示されていたが、Scratchスタジオも表示されていた。博物館はこれを商標侵害と見なし、Scratchチームに名称変更を求めた。2014年3月13日にScratchチームはまず、「Scratch Animation Hall of Fame」という名称に変更したが、博物館からの苦情が相次いだ[3]。そのため、名称は「Scratch Hall of Fame - Animation」と変更された。記事作成時(2024年3月21日)では、Google検索でなお2位になっている。

反応[編集 | ソースを編集]

2014年3月20日、Scratchチームは何が起こったかとその見解を説明する告知を投稿した。ほとんどのScratcherはScratchチームの立場を支持し、中には博物館をボイコットすると言う者もいた[4][5]。一部のユーザーは冗談を言い、架空のユーモラスな見出しを作成した[6]。また、削除されたパックマンプロジェクトとの比較も行われた[7]

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

外部リンクに関する注意
このページ・節には安全が確認できていないリンクが含まれています。
リンク先のページを利用するときはくれぐれもご注意ください。

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]


出典[ソースを編集]