お知らせ

方針の一部改訂についての議論が行われています。(→リンク

このWikiは、Freemedia群のグローバルアカウントやグローバルアカウント権限に未対応です。
もしも権限の更新がなされていない場合は、Imoyokan-scratchまでお願いします。
2024年2月25日

MOD

提供:Scratch非公式Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ScratchにおけるMOD (モッド、Modification) とは、Scratchを有志が改造し、機能を増やしたりしたコーディング環境である。MOD化されたScratch (Modded Scratch) はScratchではなく別のプログラミング言語であるという見解もあるが、本稿ではScratchのいち種類として扱う。

概要[編集 | ソースを編集]

主に知識が豊富なScratcherが自らMOD開発を主宰することが多い。MODには機能の追加を拡張機能というかたちで行うものが多く、何も拡張機能を入れていない状態ではScratchとの互換性を保っているものが多い。

MODに独自の拡張機能を追加するとScratchウェブサイト上では作品が公開できなくなる。このためTurboWarpなどで製作しているプロジェクトは、Scratch以外のコミュニティで公開する必要がある。

コミュニティ[編集 | ソースを編集]

詳細はコミュニティを参考にしてください。

前述のとおりModded Scratchで製作しているプロジェクトはScratchで公開できないため、他のコミュニティで公開しなければならない。 主なコミュニティサイトの例として、PenguinModSnap!mBlockなどがある。

歴史[編集 | ソースを編集]

Scratch 1.xの時代はソフトウェア本体から直接Scratchを改造することができたが、Scratch 2.0では (おそらく) その機能が廃止され、現在では直接ソースコードを変更したりを行う必要がある。

Scratch言語と著作権[編集 | ソースを編集]

詳細はScratchと著作権を参考にしてください。
  • Scratch 3.0プロジェクトの作成と実行のためのインターフェイスを構成する[1]Scratch-GUIは、BSDライセンスであり[2]、著作権表示を行えば、商用利用や、翻案、再配布などが可能になる[2]
  • Scratchブロック関係のscratch-blocksは、Apache License 2.0であり[3]、著作権表示や更新などを明記すれば、商用利用や、翻案、再配布などが可能になる[4]
  • Scratchサイトにかかるscratch-wwwは、BSDライセンスであり[5]、著作権表示を行えば、商用利用や、翻案、再配布などが可能になる[2]

主たるScratchが元となったMOD[編集 | ソースを編集]

ここから、主たるScratchが元となったMODを紹介する。これらはほとんどがサイトであることに注意してほしい。

TurboWarp[編集 | ソースを編集]

TurboWarpは、一番有名と言っても過言ではない、Scracthを元としたMODである。これは、MODをJavaScriptにコンパイルすることで高速で実行できるScratchのMODとされている[6]。TurboWarpには、ScratchAddonsを元としたアドオンがある[7]

forkphorus[編集 | ソースを編集]

forkphorusは、TurboWarpと同じで、プロジェクトをJavaScriptにコンパイルすることで高速で実行できるものである[8]

Stretch3[編集 | ソースを編集]

Stretch3は、は自作の拡張機能を使えるように改造したScratchのことである[9]。例示をすると、QRコードを読み取る拡張機能などがある。

最近では、Why!?プログラミングで使用されるなど[10]、一定の地位を確立できたようだ。

Smalruby[編集 | ソースを編集]

元は、Rubyを注視したのようだが、ScratchBlocksを使用しているようだ。また、複数のURLがあるようだ。

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]


出典[ソースを編集]