傾向とは絞り込みカテゴリの一つであり[1]、単に「最近」などと同様に、一定の基準で並びかえただけのものである[2]。日本人は傾向に執着する傾向にある[注釈 1]

傾向の反映編集

傾向は、検索と同様にプロジェクトIDが若い方が傾向に反映されやすい傾向にある。これは今までは、共有日とされていたが、最近になってプロジェクトIDであるとわかった[3]

また、傾向は実際には動いているものの[2][4]、動いていないと錯覚した者が「ウゴケイコウ」といった文言を打つことも少なくない[5]

また、傾向に載らない・傾向が止まったなどでトピックを作成するものが多いのも事実である[6]

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. 別の国がどうなのかはわからない。

出典編集